• 薄毛を気にする男性
  • 薄毛の男性
  • 男性医師

ウチの子髪が薄くない!?赤ちゃんの薄毛について

生まれたばかりの赤ちゃんでも、体の大きさに個人差があるように、髪の毛の量にも違いがあります。
髪の毛がふさふさに生えている子供もいれば、なかなか髪の毛が生えてこなくて、薄毛の状態が長く続く子供もいます。

赤ちゃんの中に薄毛の子供がいるのは個人差もありますが、乳児特有の症状として、一時的に髪の毛が薄くなっている場合もあります。
生まれたばかりの赤ちゃんに生えている髪の毛は、大人の髪の毛よりも細くてやわらかいのが特徴ですが、この髪の毛は一定の時期がくると自然に抜け落ちて、その後から丈夫で強い髪の毛が、新しく生え揃ってきます。
ですから、生まれたばかりの赤ちゃんの髪の毛が薄毛でも、心配する必要はありません。

赤ちゃんに丈夫な髪の毛が生え始めるのは、生まれてからおよそ半年ほど経過した時期が一般的です。
個人差があるために、それよりも早い時期に丈夫な髪の毛が生え始める子供もいれば、普通の子供もよりも薄毛の時期が長く続く場合もあります。
こうした場合でも、しばらくは経過を観察しながら、細い髪の毛が抜け落ちて丈夫な髪の毛が生えてくるのを気長に待ち続ける方が賢明です。

丈夫な髪の毛が新しく生え揃う時期には、それまで生えていた細い毛は自然に抜け落ちますが、こうした時期に大量に抜け毛が生じる場合があるために、一時的に薄毛の状態になる場合もあります。
こうした症状のことを医学的には「新生児生理的脱毛」と呼んでいます。
この症状はほとんどの新生児に現れる症状であるので、髪の毛が生え変わる時期に子供が一時的に薄毛の状態になっても慌てる必要はなく、そのまましばらく時間が経過すれば、自然に新しい髪の毛が生えてきます。

一般的に赤ちゃんの薄毛は、生まれたばかりの乳児としての特有の体質に基づくものがほとんどのために、過剰に気にすることなく、髪の毛が自然に生え揃うままで気長に待ち続けることが、最も効果的で実行しやすい対処法といえます。

赤ちゃんの薄毛が治らないときは

赤ちゃんの髪の毛は自然に生えてくるために、親は特に何もする必要はないのですが、子供によってはなかなか薄毛の状態が治らない場合もあります。
こうした状態の乳児でも、気長に待ち続ければ髪の毛が生えてくることが多いですが、あまりにも長期間、薄毛の状態が続く場合には、赤ちゃんとしての特有の症状の他に、特別な理由が存在している場合も考えられます。

一般的な髪の毛の抜け落ちるサイクル以外で、髪の毛が薄毛になる原因としては、ベッドで赤ちゃんを寝かせる方法に関連するものがあります。
これは赤ちゃんを仰向けの状態で寝かせているときに起こり得る症状です。

仰向けの状態で寝かせられている赤ちゃんは、頭が当たっている後頭部のあたりが擦れて、一時的に髪の毛が抜けやすくなる場合があります。
こうした状態の赤ちゃんは、後頭部の一部分だけが薄毛の状態になるのが大きな特徴です。

このような症状のことを医学的には「乳児期後頭部脱毛」と呼んでいます。
この症状は生まれてから数ヶ月しか経過していない乳児から、半年ぐらいまでの乳児によく見られる症状です。
この症状が現れた赤ちゃんでも、成長するにつれて、自然に髪の毛が生え変わってくるため、特に心配する必要はないのですが、どうしても気になる場合には、子供が寝ている枕の下に敷くタオルケットなどを、子供の髪の毛にとってできるだけ刺激の少ないものを選んで使用するのも一つの方法です。

その他に赤ちゃんの中には湿疹によって髪の毛が抜け落ちたり、自分で自分の髪の毛を抜いたりする場合も稀にあります。
こうした場合にはできるだけ赤ちゃんにとって快適な環境を提供したり、注意深く子供の状態を観察することが有効な方法です。