• 薄毛を気にする男性
  • 薄毛の男性
  • 男性医師

女性も薄毛で悩んでいる?薄毛女性が似合う髪型

その人の持って生まれた体質で、髪の毛の質も、もともと細かったりクセがあったり、逆に、太くてまとまりづらかったりと、人それぞれ個性がありますが、もともと髪の毛のボリュームが少ない人が、年を重ねると、薄毛が悩みになることがあります。
男性の薄毛と女性の薄毛では、ちょっと質が違いますが、美を意識する女性にとって、薄毛ですと、ヘアセットに困ることもあるでしょう。
髪型を整えるにしても、ある程度のボリュームがないと髪型がきまりませんし、薄毛は年を取って見えるので、悩みの種です。
似合う髪型がなかなか見つからないのが悩みなのです。
何よりも、薄毛ですと健康的に見えません。
萎えたイメージがついてしまいます。
少しでもできる事はしたいことでしょう。
例えば食事で言えば、わかめや昆布等の海藻類は髪の毛に良いと言いますので、しっかりと食べたいものです。
また、やたらむやみに髪の毛をいじったり、ブラッシングのし過ぎがかえってダメージを与えて、髪の毛のキューティクルを痛めてしまいますので、やさしくブラッシングして下さい。
また、ヘアドライヤーの当て方もポイントがあります。
熱で髪の毛を痛めないように、優しく低温で、少し離した所から風をあてて乾かして下さい。
その時に、ヘアオイルやクリームで髪の毛を保護した状態でドライヤーをかけると、髪の毛を痛めないで済みますので、専用のオイル等で保護して下さい。
これ以上髪の毛を弱らせない様に、不必要なストレスを髪の毛に与えない事です。
あと、日頃のシャンプーも注意が必要です。
かゆみに負けて、ゴシゴシ洗い過ぎたら当然地肌と髪の毛を痛めます。
洗うにも優しさが必要です。
髪の毛を洗った後は、リンスやトリートメント等でケアをする事も大切です。
弱った髪の毛にはとにかく優しく接してあげて下さい。
髪の毛をいたわってあげて下さい。
刺激を与えなければ、変に悪化はしないでしょう。
美しさを維持する為には努力と継続が必要なのです。

薄毛女性が似合う髪型

日頃の薄毛のケアはもちろん、いまある髪型をより似合う髪型にして、綺麗を維持できる様に、美しくみえる髪型を考えてみましょう。
悩みは悩みとしてきちんと受け入れて、それを出さない努力も必要です。
女性は見た目を大切にしますから、薄毛でも似合う髪型を見つけて実践する事です。
まず、女性の場合ですと、髪の長さは男性よりは長いと思いますから、その長さを上手く使う事です。
ブラッシングをするにも、後ろから前ではなく、前から後ろに流すと、髪がオールバックされて、自然と上部に膨らみが生まれます。
空気を入れる様に後ろに持っていったら、それを自然に左右に散らす、これだけでも、髪の毛にボリュームが生まれて、小顔に見えて、誰にも似合うと思います。
ロングヘアよりも、ショートの方が、ボリュームを出せたりします。
逆毛を立てる様に、ブラッシングすると、膨らみが生まれます。
ボブなんかの髪型ですと、わかりやすいです。
ふんわりと空気の様なお手入れをしてあげる事です。
そうすると、女性の顔立ちに似合う髪型になります。
薄毛を感じさせないボリューム感が生まれます。
髪型も、平面にカットするより、立体的にカットしてもらうと、より膨らみが生まれますので、可愛く見えるでしょう。
髪の色もブラウンなんかにして、柔らかみをもたせると、優しい感じになります。
ワックスやオイルを使って、艶を出しても髪の質がしっかりと見えます。
濃く太く見えるのです。
オイルを塗り過ぎてもペチャンコになってしまいますから、艶出し程度の量で抑えるのがポイントです。
顔の周りに丸みを持たせて、艶を出して輝かせれば、薄毛にも負けない、薄毛と思わせない髪型の完成です。
これで堂々と歩いて下さい。
悩みを味方につけて、上手く個性を出せば、きっと美しく見えるはずです。