• 薄毛を気にする男性
  • 薄毛の男性
  • 男性医師

薄毛が遺伝するというウワサの真相

薄毛でお悩みの方の中には、父親がそうだったから仕方ないな、と考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
経験的には父親の薄毛が遺伝するというウワサには真実味があると感じる場合もままあります。
薄毛や脱毛については、今非常に研究が進んでいて、成人男性に多いAGA(男性型脱毛症)のメカニズムについてはかなりの部分が明らかになってきています。
ここでは薄毛の遺伝に関するウワサの真相に迫ってみましょう。

父親の薄毛が遺伝するというウワサは、半分正しく半分間違っています。
と言うのも薄毛の遺伝は真実ですが、父親の遺伝ではないからです。
AGA体質はX染色体経由で受け継がれていきます。
従って母親の遺伝子が関係していることになります。
父親が薄毛である事は関係がなく、むしろ母方の祖父母に薄毛の人がいるかどうかが問題になるでしょう。

ウワサの真相を明らかにするためには、AGAのメカニズムについて知る事が大切です。
男性ホルモンの1つテストステロンは、毛細血管を通って頭皮の毛穴奥の毛乳頭に存在する還元酵素「5aリダクターゼ」と合わさると、「DHT(ジヒドロテストステロン)」という物質を作り出します。
DHTが毛乳頭の中の男性ホルモン受容体に作用すると強力な発毛抑制作用のある「TGF-β1」という物質を作り出すことで抜け毛を引き起こします。

男性脱毛症AGAは、男性ホルモン受容体があるX染色体の変異に関係することが分かってきています。
男性の遺伝子はXY構成で、Y染色体は父親から、X染色体は母親から受け継がれます。
変異したX染色体を母親から受け継ぐことで男の子供にAGAが発症するのです。
女の子の場合はXX構成となるため変異したX染色体を1つ受け継いでも正常なX染色体が打ち消す働きをするため薄毛を発症しにくくなります。

さらに母親の染色体XXは、その両親のX染色体を1つずつ受け継ぎます。
もし両親のどちらかから変異したX染色体を受け継ぐと母親は変異染色体保持者となります。
この母親が男の子を産むと25%の確立でAGA体質の子供となるわけです。
つまりAGA体質は隔世遺伝で発症すると考えられます。
母方の祖父母で薄毛の人がいたらAGAの確率は高くなるでしょう。

薄毛遺伝が気になる方はAGA遺伝子検査

薄毛が遺伝するというウワサの真相はこれだけではありません。
頭皮にある5aリダクターゼの活性力には個人差があり、この活性力も遺伝で受け継がれます。
活性力が高いほど脱毛しやすい体質になるわけです。
しかも両親のうち、どちらか活性力が強い方の体質が「優性遺伝」によって受け継がれることが分かっています。
ウワサの真相は「薄毛は遺伝する。
特に母方の遺伝子は強い影響がある。
」ということになります。

ご自分がAGA体質かどうかは遺伝子検査をすれば判明します。
検査は病院や専門機関に行って行う方法と、自宅で検査キットを購入する方法があります。
病院などに行くと毛髪を採取され1か月ほどで検査結果が判明します。
自宅でキットを買う場合では、口内粘膜を採取して検査機関に郵送します。
2~3週間ほどで結果が送付されてくるでしょう。
自宅でキットを購入する方法のほうが若干コストを抑えることは出来ますが、病院などで検査を行えば、そのまま治療にスムーズに繋げられるメリットがあります。
検査の結果、AGA体質である可能性が高いと分かった場合でも、治療を諦める必要はありません。
今では非常に効果的な薬が開発されているので、早期に治療を始めれば改善の可能性は低くないのです。
特に「5aリダクターゼ」の働きを阻害する薬は広く利用されていて、効果が実証されています。
薬の利用だけではなく、食生活や生活習慣を見直すことで改善効果は一層高まると期待できます。

薄毛が遺伝するというウワサの真相に迫ってきましたが、いかがだったでしょうか。
確実に言えるのは、薄毛でお悩みの場合はなるべく早くご自分の薄毛の原因を把握することです。
原因が判明したら正しい治療に繋げましょう。
早期に治療をスタート出来れば改善の可能性はけして低くはありません。