• 薄毛を気にする男性
  • 薄毛の男性
  • 男性医師

薄毛は生活習慣も関係している?

薄毛や脱毛に悩む人は多く、専門の治療院が増加しているほどです。
原因として考えられるものはいくつかあり、原因を特定することで改善の見込みが得られることがあります。

原因のひとつは、遺伝や体質です。
特に母親から遺伝することが多いといわれていますが、両親や祖父母に薄毛の人がいる場合は、遺伝や体質の影響があります。
遺伝の家系であることを知っておき、それ以外の原因を排除するよう気を付けることで、予防や改善につながります。

男性特有の原因が、男性ホルモンによる影響です。
男性ホルモンが頭皮にある酵素の一種と結びつくことで、薄毛の原因となる男性ホルモンに変化し、それが髪の成長を抑えてしまいます。

女性特有の原因とされているのが、出産です。
出産後、ホルモンバランスの影響で毛周期が変化し、髪の毛が多量に抜けてしまうことがあります。
ホルモンバランスが整ってくると元に戻ります。

また、頭皮環境が乱れていることも原因です。
過剰に皮脂が分泌されたり、頭皮が乾燥してフケなどが出ている状態であると、毛根がふさがり、髪がうまく育ちません。
頭皮に合わないシャンプーを使用したり、過度なパーマやカラーリングなどによって、頭皮環境が悪くなることがあります。

そして、生活習慣によって薄毛が進行することがあります。
例えば、ストレスです。
ストレスを過剰に感じると緊張状態になるため、血管が収縮し、血行が悪くなります。
頭皮の血行が悪くなると、髪に栄養が行き届きにくくなり、太く長い髪に成長しません。

また、睡眠不足や不眠も髪の成長に影響します。
寝ているときには、成長ホルモンが多く分泌されるため、良い睡眠が得られないと、成長ホルモンが分泌されず、頭皮の細胞を修復したり、新しい細胞を作ることができません。
そのため、健康な髪が成長しないというわけです。
ストレスは不眠を招きやすく、血行が悪い上に成長ホルモンが分泌されないと、さらに薄毛が進行する可能性が高まります。

酒とたばこは髪にも悪い

このように、ストレスや睡眠不足などの生活習慣によっても薄毛の影響があるのですが、食事の内容も影響することを知っておきましょう。

女性によくあるのが、過度のダイエットです。
偏食をすることで栄養が偏り、髪が成長するための栄養分がいきわたりません。
野菜不足、バランスの悪い食事内容は、髪にとっても栄養不足となります。
逆に、飲みすぎや食べ過ぎもよくありません。
内臓疾患を酷使することで、薄毛が起こることがあります。

そして、薄毛や脱毛を予防、改善したい場合に気を付けたい生活習慣としては、酒やたばこです。
一見、髪の成長とは無関係とも思える生活習慣ですが、酒は、髪の元になる成分がアルコールを分解するときにエネルギーとして使われたり、アルコールが栄養素の吸収を阻害してしまい、髪に栄養がいきわたらないことがあります。
もちろん適度なアルコールは問題はないのですが、飲みすぎてしまうことで頭皮の血行も悪くなってしまいます。

そして、たばこです。
たばこが薄毛の原因になる理由は、有害物質による血行不良が起こるからです。
たばこの成分であるニコチンが、自律神経を刺激し、血管を収縮させるのです。
また、ニコチンの影響で悪玉コレステロールが増加してしまい、毛細血管まで栄養を運びにくくなってしまいます。
そして、ニコチンは体内の栄養の吸収を促すビタミンCを壊してしまいます。
ビタミン不足はイライラ感を引き出し、ストレスにつながります。
喫煙自体がストレスとつながっており、それも血行不良を引き起こすことになり、悪循環となっているのです。

このように、薄毛や脱毛として、さまざまな生活習慣が影響しているのです。
日常の生活習慣を見直してみることで、薄毛の予防や改善につながることがあります。